清瀬市のお部屋探し・賃貸物件情報は、地域密着・創業50年の「エヌ・ピー・システム東京堂」へお任せ下さい!

清瀬市を中心に学生・単身者向けの物件からファミリー向けの物件、JKK都民住宅・UR賃貸住宅まで幅広く賃貸物件を取り扱っております。

清瀬市を中心に新座、秋津、東久留米エリアの賃貸物件ならお任せ下さい。

エヌ・ピー・システム東京堂「清瀬・秋津・東久留米・新座のお部屋探しサイト」

  • 042-495-1511
  • 9:00~18:00/定休日:毎週水曜日、第1・3火曜日

不動産知識

こんにちは(^○^)清瀬店沼尾です(*^▽^*)

 

今日は法律について少し(^_^)v

 

【一般法と特別法  任意規定と強行規定】

 

法律には、一般法と特別法があり区別されております。

法学の世界では、「特別法は一般法に優先する」、「特別法は一般法を破る」という言葉があるようです。

 

我々が携わっているところでは、

一般法(民法の賃貸借)< 特別法(借地借家法)となります。

つまり、

建物を所有する目的の土地賃貸借や建物賃貸借は、どんな状況であれ借地借家法が適用されてしまい、

借地借家法に沿わない条項を合意しても、その条項は無効となってしまいます。

 

https://xn--wtsq13a09q.jp/relationship-between-general-law-and-special-law/

 

また、法律上では「契約自由の原則」という規定があります。

これは、当事者間で決めた契約(合意)はなによりも優先されるべきであるという規定です。

一般的に民法は任意規定とされ、当事者間の合意はそれより優先されるとされています。

しかしながら、当事者間の合意は借地借家法のような特別法(強行規定)には優先できません。

(民法の賃貸借)任意規定 < 当事者間の合意 <(借地借家法)強行規定 となります。

 

https://xn--wtsq13a09q.jp/default-provision-and-mandatory-provision/

 

ご参考までに('ω')ノ