清瀬市のお部屋探し・賃貸物件情報は、地域密着・創業50年の「エヌ・ピー・システム東京堂」へお任せ下さい!

清瀬市を中心に学生・単身者向けの物件からファミリー向けの物件、JKK都民住宅・UR賃貸住宅まで幅広く賃貸物件を取り扱っております。

清瀬市を中心に新座、秋津、東久留米エリアの賃貸物件ならお任せ下さい。

エヌ・ピー・システム東京堂「清瀬・秋津・東久留米・新座のお部屋探しサイト」

  • 042-495-1511
  • 9:00~18:00/定休日:毎週水曜日、第1・3火曜日
TOP
>
>
>
不動産経営管理士

不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士は、これまで公益財団法人日本賃貸住宅管理協会、公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会、公益社団法人全日本不動産協会が、それぞれ団体ごとに独自に運営していた賃貸不動産管理の資格を業界統一資格として位置付けるため、賃貸不動産経営管理士協議会を設立し、賃貸不動産経営管理士制度を創設した。

不動産業法はこれまで、「宅地建物取引業法」により不動産の取引の公正化を、「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」により分譲のマンションの管理の適正化の推進を図っているが、賃貸不動産の管理については、現状で特別な法規制やルールなどが存在せず、特に賃貸住宅は、我が国の住宅戸数の4分の1以上を占めるなど非常に重要なストックとなっているにもかかわらず、敷金の返還にかかるものを筆頭にトラブルが年々増加している現状である。

こうした流れを受け、国土交通省は2011年12月に賃貸人、賃借人の利益保護を図る目的で「賃貸住宅管理業者登録制度」を施行し、賃貸住宅管理を行う事業者の登録制度を設け、管理委託契約時や賃貸借契約更新時、および終了時などに説明や書面交付を行う等のルールを課した。登録された賃貸住宅管理業者はこれらのルールに則り、適切な管理業務を行うことが義務付けられ、本制度が普及することで、消費者が適正な管理業務を行っている管理業者や賃貸住宅を選択することが可能となり、賃貸住宅の管理に関する共通のルールが普及するとともに、賃貸住宅に関するトラブルを減少することが期待されている。こうした登録制度の中でも専門性の高い人的資源が求められており、管理にかかわる様々な法令に関する深い知識や、業務に関する豊かな経験を持つ者として、賃貸不動産経営管理士が中心的役割を果たしていくことが期待されている。

2016年に行われた賃貸住宅管理業者登録制度に係る検討委員会におけるとりまとめ結果を踏まえ、「賃貸住宅管理業者登録規程」及び「賃貸住宅管理業務処理準則」、「賃貸住宅管理業者登録規程及び賃貸住宅管理業務処理準則の解釈・運用の考え方」を改正(平成28年8月12日国土交通省告示 第927号・第928号)、それにより賃貸住宅管理業者登録制度に登録をしている業者には「賃貸不動産経営管理士」(若しくは管理事務に関し6年以上の実務経験者)の設置義務、また賃貸不動産経営管理士による重要事項の説明義務などが追加された。『ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋』

 

弊社でも賃貸住宅管理業者として登録をさせて頂いており、不動産経営管理士試験が11月15日に行われますが、

まだ資格がない社員は受験に向け勉強しております。

 

不動産管理にお悩みの大家様は、ぜひ弊社エヌ・ピー・システム東京堂にお任せください(^^)/